World Air Expo in Chongju(韓国 清洲)が1999年5月17日から23日まで開かれました。
プレステージを含めると15日から23日迄の長期間。招待を受け、日本から5機参加して展示およびデモフライトを行いました。右からMooney M20E(JA3702)、Maule Comet(N666JA)、AeroSubaru FA200(JA3765)、Grob G109B(JA09AW)、AMERICAN CHAMPION 8KCAB(N33RY)。

after-demo-5plane.jpg (13020 バイト)
After Demo Flight at Chongju

5月15日11時、広島空港に5機集合して、税関、出国手続きを行い、13時に次々と離陸。
私の機体(JA3702)は下記のスケジュールでした。

FLIGHT PLAN JAPAN TO KOREA (JST)

DEP AIRPORT ATD DEST AIRPORT ATA
RJSC(YAMAGATA) 5/14 14:55 ZZZZ(HONDA) 5/14 16:10
ZZZZ(HONDA) 5/14 17:50 RJBH(HIROSHIMA-NISHI) 5/14 20:40
RJBH(HIROSHIMA-NISHI) 5/15 08:47 RJOA(HIROSHIMA) 5/15 09:04
RJOA(HIROSHIMA) 5/15 13:04 RKPK(KIMHAE/PUSAN) 5/15 14:47
RKPK(KIMHAE/PUSAN) 5/15 16:57 RKTU(CHONGJU) 5/15 17:54

RouteToKrea.gif (15110 バイト)

 

 

 

 

 

 

 

chongju67.JPG (31990 バイト)

chongju49.JPG (30609 バイト)

出発前のブリーフィング(広島空港) 着陸後の歓迎式典(CHONGJU空港)

chongju68.JPG (26090 バイト)

chongju51.JPG (35174 バイト)

テレビカメラに向かって記念撮影(CHONGJU空港) 花束、インタビュー、歓迎の辞(CHONGJU空港)

帰国はCHONGJUでCIQを通過して、追い風に乗ってダイレクトに広島に戻りました。
18日にMaule Comet(N666JA)、20日にAeroSubaru FA200(JA3765)、21日にGrob G109B(JA09AW)・AMERICAN CHAMPION 8KCAB(N33RY)・Mooney M20E(JA3702)の3機がそれぞれ帰国。

DEP AIRPORT ATD DEST AIRPORT ATA
RKTU(CHONGJU) 5/21 09:55 RJOA(HIROSHIMA) 5/21 12:15


エピソード
ハンドリング会社なしの思考錯誤の手続き、事情のよく分からない韓国での緊張みなぎるフライトでした。
レーダーサイトから韓国語で質問がきたり、エンルートの天候がよく把握できず前線を通過せざるを得なかったり、全機無事着陸した時には嬉しさがこみ上げて来ました。
国内の手続きで、福岡空港の小型機に対する対応の悪さ、印鑑を持たないといけない面倒な税関(外国国籍のロバートさんやステーガーさんはサインでOK、日本人は印鑑が必要なのだそうな)、各役所間のつながりのなさ(帰国着陸しても他の部署に連絡してくれないので、エプロンから携帯電話で検疫・入管・税関に連絡しなければならない)、行政のサービスの悪さにうんざりしました。
韓国では指定した時間にお役人がわざわざ出張して来てくれて、いやな顔一つせず手続きを行ってくれました。
また、韓国スタッフのこまごまとした気使いには大変感謝しております。大変歓迎していただきました。ありがとう。